ホーム > サロンオーナー様へ > よくあるご質問

サロンオーナー様へ

よくあるご質問

サロンオーナー様よりよく頂くご質問を集めました。
質問をクリックすると回答が表示されます。

ひどいニキビに悩んでいるお客様が来るのですが、ラテスパをしても大丈夫ですか?

もちろん施術を行って大丈夫です。その理由はラテスパなら殺菌が施術中にしっかり行えるという強みがあるからです。ニキビの皮膚には傷がある上アクネ菌が繁殖していますから普通のトリートメントは向きません。赤く炎症を起こしているニキビは特に炎症を抑えてからでないと悪化をさせてしまいますからラテスパのウォータリングが役立ちます。なるべく日にちを近く施術が行えるようにシフトすると、効果が早く現れて次のトリートメントエステも早く受けられ、美肌を取り戻していただけます。

アトピーの人は大丈夫ですか?

こちらも施術を行なって大丈夫です。薬をつけたり飲んだりして症状を押さえつけている人は、初めのうちはその薬効を体外に排出しようと反応を起こすことがあります。従来薬は「治める」、ラテスパは「改善する」が目的ですから、「出ないようにする」と「出るようにする」の違いがあります。肌の回復は正常な分泌ができるようになるまで時間はかかります。
※怪我をすると血が止まり、カサブタが出来て治っていきます。薬のような回復を期待していなければとても健康な肌になっていただけます。

敏感肌の方も行って大丈夫ですか?

大丈夫です。ラテスパの基礎を作っていた当時、お会いする方のほとんどがお肌にトラブルを多く抱えた方でした。そうやって自然と弱い肌の人の為へ研究をするところからスタートして出来上がった手法ですので安心して行ってください。

ラテスパのラテをのせて取り除いたら赤くなってしまいました。どうしてですか?

考えられることは血流が良くなった事が原因と考えられます。クリーム状のラテは肌に密着し肌温度が上昇するので血液が動き赤くなります。毛穴の中が分泌する際、皮下が活発になった表れでもあります。部分的にポツポツなる場合はキズがある場合赤みを帯びるものです。もしも赤くなってしまっても、ラテスパには沈静システムがありますので処理をすればトラブルにはなりません。

脱毛の後、肌の弱いお客様で赤くかゆみを訴えることがあります。そんな時ラテスパで処理すると回復しますか?

脱毛の後ということだけでなく、炎症を起こした箇所や菌の侵入によるかゆみなどを起こしている所を安全に殺菌、沈静処理することができます。脱毛は針を刺したり電気で焼いたりワックスではがしたりと、肌の負担は想像より大きいものですが、ラテスパは施術中に殺菌処理に必要なだけ時間をかけることができますから、赤みが収まる様子を確認しながらかゆみが引いたかどうか、お客様に問診しながら施術することができます。個人差があることはあたり前の事ですのでお客様の声を活かした施術を行い、安心して頂く事がとても大切です。

ピーリングは肌に危険ではないのですか?

従来の施術方法は、技術者の判断力と高い技術力が必要ですから、慣れない人が行うと危険が伴ったと思います。なかなか日本で本物のピーリングを体験できた人はいないのではないでしょうか。ラテスパは本場のピーリングを受けた後の赤ちゃんのような肌を目標に日本生まれのピーリングと自信を持って開発いたしました。日本生まれだから日本で暮らす人の肌のメカニズムに合わせてあります。ですからもちろん安全で効果が期待できるのです。

ブライダルエステを中心に予約を頂いているのですが、背中のニキビを期間中にどうにかしてほしいと依頼されて自信を持ってお受け出来ないことがあります。ラテスパはニキビの改善に定評があると聞きましたが?

たしかに今まで諦めていました、というようなお客様が改善していただけたとサロンの先生から喜びの声を聴く事が増えました。やはり菌に対してはしっかり洗う、しかも刺激を伴わない、殺菌をする、余分な角質を取り除き沈静する。当たり前ではありますがこれが何よりの改善方法です。通う期間が決まっていたら、なるべく頻繁に来店して頂くという方法でクリアしております。ブライダルの後も通って頂けておりますし皮膚体質の改善が出来るので、もうニキビや吹き出物の処理ではなく今度はトリートメントと貪欲なお客様の希望を叶えることが可能です。是非自信を持ってお招き出来るようラテスパの技術をご覧ください。

妊娠中の人がラテスパを受けても害はないですか?

ラテスパは施術に圧力、摩擦、力が加わらない方法で、ラテスパのラテも安全に設計してあるので害はありません。しかし技術的に強くもんだり叩いたりしたら、その刺激で害になることが予想されます。

何故美白と小顔効果が現れるのですか?

美白はオゾンの効果として、殺菌、漂白、脱臭、細胞の賦活効果が認められています。肌は肌理(キメ)に水分を含むと張りが出て白く輝いて見えます。もちろんオゾンの美容効果も働いていますが、肉眼で見たときの印象の白さは肌が潤ったためです。
また小顔効果が現れやすいのは、肌は毛穴の連鎖で繋がっていますので、刺激を与えずに毛穴の汚れ(重さ)を吐き出させることで、骨格に正しく皮膚が戻りむくみが取れるので、その人なりの小顔になります。

石鹸は他社メーカーのものを使っても良いですか?

オゾンを使った安全で効果的な洗顔方法にするため、“いかに刺激を与えないで汚れだけを取り除くか”というテーマで生まれたのがサクラソープです。石鹸のジャンルには入っていますが、オゾン用に特化して生まれました。弊社でもさまざまな石鹸を使ってオゾンで泡立てをすることは出来たので泡が立たないことはありませんが、泡というよりクリームのように仕上がるサクラソープは、キメが細かくオゾンの気体を閉じ込めるので、オゾンとの組み合わせとしては最適です。他の石鹸はポソポソするようですので、擦りすぎたり擦り込んだりしないで、その後成分が残らないように使い方を注意してよくすすぐことをお勧めします。

不思議なラテはどうしてできたのですか?

弊社のサクラソープはビタミンが成分として含まれているため、とても溶けにくい製法を選び作られています。石鹸は泡立ちやすいという概念を捨てることで、どんな肌質の方にでも安心して使う事ができ、必要な皮脂まで落とすことなく余分な皮脂だけを落とし清潔に仕上げることが出来ます。サクラソープはオゾンを使う前提のもと作られたので、石鹸から素地剤を抜いており安心で安全な不思議なラテを作ることが出来ます。

泡立ちの良い時と悪い時があるのですがそれはなぜですか?

サクラソープには素地剤が含まれていない為、従来の石鹸の様に泡立ちを良くするには次の守らなければならない条件があります。

  1. 極美スティックをお湯(42℃以上)に浸けてから泡立てる。
  2. 泡立てに使うボール等に、汚れや油が付着していないこと。髪の毛等を中に入れない。
  3. 使用するお湯は、ミネラル質、塩素の多いものは避ける。使用する場合は、お湯とサクラソープの量を臨機応変に増やして調整する。
  4. サクラソープを溶解するお湯は、98℃のポットのお湯を使う。サクラソープの表面をトマトの湯剥きのように溶かすため、高温に浸けます。
  5. ボールに溶かしたら、なるべく手早く攪拌する。
  6. 使用後のソープは、乾いたタオルで軽く拭いて保存しておかないと、次に使うときに泡立ち度合いが落ちるため、常に使用後は乾燥させるように心がける。

このような条件を守らないと、泡立ちに変化が生じてしまうので注意してください。

シワを気にしている人にラテスパを施術したら、なおさら乾燥したと言われてしまいました。どうしたら良いでしょうか?

シワの原因は水分不足、分泌不足、表情の癖など色々考えられますが、この例の場合は分泌不足と判断致します。化粧品によって常に潤っているお肌は、自分で天然オイルを分泌できるまで時間がかかるように甘やかされていますから、キチンと洗浄すると肌は正直になり、つっぱり感を感じて乾燥している様に感じます。この場合はオゾン水に化粧水を混ぜて、ウォータリングの要領で水分と潤い分を補給する必要性があります。極深水と極張でシワのキメを埋めて補修して下さい。

鼻の周りが黒ずんでパックや吸引を行うのですが、あまり結果に結びつきません。どのように対応した良いでしょうか?

ブラックヘッドは気になる為に触りすぎたり、無理に剥いだり、ファンデーションを厚く塗って皮膚呼吸を妨げていたりと悪循環を招いている方が沢山いらっしゃいます。ラテスパは肌本来の回復力に伴い、回復しやすい肌環境を作ることを大切にしています。以下の手順で行う事をお勧めします。

  1. 原因の分泌物をやさしく取り除き、分泌異常を抑える。
  2. 薬品などで摩耗するのではなく、イオンのスティックで自然に剥離する。
  3. オゾンで剥離した古い角質と分泌した汚れをオゾン水で流し引き締める。繰り返すことで、肌の回復力を高めながら行うことができます。ブラックヘッドの回復に伴い他の肌質も高められます。
  4. 極張・極深水で毛穴の周りをやわらかく保ちます。
なぜすすがなくて良いのですか?

泡に見えてラテスパのラテは石鹸の泡立て方と違うものなのでほとんど石鹸成分が塗布されないからです。むしろ水だと思ったほうが解りやすいでしょう。汚れを包んだ水分は、乾いた布で押し拭きをして吸い取ることで処理が済みます。

ウォータリングは水じゃないといけませんか?

顔でしたらぬるいお湯、体でしたらお風呂くらいの温度で行ってもオゾンの効果に差し支えはありません。体感の良い温度で大丈夫ですが、とにかく引き締めを重視したい場合は水から冷水に、毛穴の汚れを自然に流したいならばぬるま湯から常温です。

ウォータリングのとき、水をグリップする際コットン3枚と教えられましたが、他のものではだめですか?

スポンジでも水が握れるのなら良いのですが、清潔であることを重視する為に素材はコットンを選びました。小鼻の周辺やまぶた等、まだ汚れがついた時などコットンなら簡単に取り替えることが可能なので、その点も清潔で肌に優しいと思いますのでコットンがおすすめです。ボディに洗浄をかける場合はスポンジでも大丈夫です。ニキビのある背中につかったスポンジなど、使用したら1回でオゾン殺菌するようにしましょう。何枚も一人一枚でスポンジを用意しますと安全です。

いつもお客様にお化粧を外してきてもらうのですが、出来ない人の場合ファンデーションが取れなくて困ることがあります。クレンジングの仕方を教えてください。

今まで通りのクレンジング剤で拭き取っても問題はありませんし、そのあとラテスパをして頂いて問題はありません。ですがラテスパの手技を極めると、始めからメイクをオイルなどで乳化させ溶かして落とすエステの手技とは違い、メイクを浮かせて最後に取ることが可能なのでクレンジングが必要なくなります。ウォータープルーフでも、肌とファンデーションの間に水が入るとメイクは浮いてしまいますが、その原理を利用した手技がラテスパです。

髪の毛も洗って良いですか?

従来健康な髪は、頭皮から出る天然の油分が潤いになって髪を外気や刺激から守るものなのです。サクラソープ+オゾンの効果によって、ラテで頭皮のマッサージをすると出てくる、殺菌、脱臭されたご自身の天然オイルを、髪の先まで運ぶように洗い濯ぐとサラサラになります。最後にエアーで梳かすと静電気防止できます。

お客様には、どのくらいのペースで通っていただいたら効果が出せますか?

目的によって多少の違いはありますが、週に一度は通って頂くのが最適です。トリートメント補給、パック等もラテスパの後が効果を発揮するので、このペースがお客様にとって一番効果を実感できると思われます。肌の生まれ変わる周期は28~30日と言われています。月一度のリピートでも効果は実感できるでしょう。

ラテスパの後に化粧品は何をつけたら良いですか?

“洗う”という行動は美肌の原点ですが、洗うと汚れと一緒に肌のバリアーの役目をしていた油分と水分も同時に失ってしまいます。そこで汚れと一緒に取ってしまった油分(極張)と水分(極深水)を補充することをお勧めします。丈夫な基本の肌に戻した後は他の化粧品を付けても大丈夫だと思います。

ホットタオルはぜんぜんいらないのでしょうか?

ホットタオルは気持ちの良いものです。あるのが当たり前という人も多いことと存じますが、ラテスパではホットタオルを外したのには幾つかの訳があります。気持ちの良さの他に刺激として捉えたとき、タオルの素材の摩擦、温熱、圧力、使い回す点等から衛生面の刺激、そして使う前と後の備品としての準備の手間などがありますのでラテスパでは使用しておりません。なくても施術として成り立ち、弱い肌を基準にした配慮としてこの技術を確立いたしましたので後は好みと自己判断となります。

スチームは使わなくても良いですか?

ホットタオルの回答と同じ事になりますが、なくても出来るように弱い肌を配慮して確立致しました。クレンジング剤を使用しないから、いらなくなってしまいました。

PR
※クレンジングを使用しない本格手技“ラテスパ”の研修を受付けています。高崎クラスへ是非足を運んで下さい。